ナレーション

英語、中国語の他、音声録音、ナレーションが必要な際、対応人員を手配致します。
お客様が準備した原稿をネイティブナレーターまたは対応者が読み上げ、録音を行い、音声データでご納品致します。
音声マニュアル作成、ソフトウェアの音声ガイダンス作成、アニメ・ビデオゲームでの吹き替え、オーディオブック、ラーニングソフト、TVコマーシャル、トレイラー、研修ビデオ作成等にご活用ください。

対応可能言語(登録ナレーター:約150名)

英語、北京語、ウクライナ語、タイ語、ディベヒ語、韓国語、ポルトガル語、広東語、マレー語、ドイツ語、イタリア語、ウズベク語、ベトナム語、ラオ語、スウェーデン語、フランス語、ミャンマー語、ネパール語、スワヒリ語、シンハラ語、朝鮮語、インドネシア語、オランダ語、スペイン語、ヒンディー語、ベンガル語、アラビア語、モンゴル語、ロシア語、アルバニア語、ペルシャ語、日本語など・・・その他の言語でも、お問い合わせください。

  • 「登録ナレーター」とはナレーションの業務実績を有する弊社の登録者です。
  • 希少言語はナレーション業務の需要が少なすぎるため、市場が形成されておらず、いわゆる専門家が存在しない場合があります。ただし、業務として必要とされる場合がありますので、その際には条件付きで対応可能です。(案件の内容によっては対応できないことがございます。)

料金の目安

※以下の時間は、音声の長さではなく拘束時間です
※ボイスサンプルなどデータでお届け致します。お申し付けください
※ミニマムチャージは2時間分となります

  • プロのナレーター:1時間あたり50,000円~(ミニマム2時間100,000円)
  • プロのナレーターではないが、司会など、人前でのスピーチ経験などがあるネイティブスタッフ:1時間あたり35,000円~(ミニマム2時間70,000円)
  • ナレーターとしての経験がないネイティブスタッフ:1時間あたり10,000円~20,000円より(ミニマム2時間20,000~40,000円より)

音声録音・ナレーション業務ご依頼の流れ

1.お問い合わせ

  • お間い合わせフォームで、対応者に関するご要望(言語・性別・年齢等)、録音内容等についてお知らせ下さい。できる限り詳しい情報をお願いいたします
  • 原稿の校正、ネイティブチェックといった事前準備が必要な場合は、前もってご相談ください
  • 原稿はあらかじめお間い合わせフォームまたはe-mailでお送りください

2.お見積り・ご提案

  • お間い合わせ内容に基づき、見積書をe-mailにて、お送りいたします

3.正式ご発注・事前準備

  • 見積書の内容をご確認いただき、正式発注をご希望の際は、「発注」と明記の上、見積メールへご返信下さい
  • 準備等含め作業は、正式発注の確認後に着手いたします
  • 個人の方からのご依頼の場合、ご利用料金は先払いとなりますのでお含み置きください。法人でのご依頼は、原則として業務終了後に請求書を送付させていただきます(別途ご対応をお願いする場合もございます)

4.スタッフ手配、録音スタジオの日程調整

  • 作業に際し、独特の発音や抑揚が必要とされる場合、特殊な固有名詞が含まれる場合等には、事前に資料のご提出をお願いいたします。ご要望に沿ったスタッフを配置いたします
  • 録音スタジオは当方にて手配いたします。お客様でスタジオ手配をされる場合は、あらかじめお知らせください

5.録音作業・編集作業

  • 当方で手配するスタジオをご利用の場合は、現場立ち会いをお願いしております。立ち会いが困難な場合は収録内容について、事前に詳細・明確な指示書をお送りいただいております
  • 録音した内容の確認を行い、ノイズ消去等必要な処理作業を行います。 編集作業には、録音作業にかかるのと同程度の時間が必要になる場合がございます。あらかじめご了解ください
  • お客様ご自身で編集作業をされる場合は、ご依頼時にお知らせください

6.就業報告

  • スタッフが持参する業務終了報告書にサインをお願いいたします。その後、弊社より業務についてお伺いする場合がございますので、ご了承下さい。時間延長や不測の事態発生などがあった場合、迅速に確認、ご報告させていただきます

7.納品

  • 録音ファイルはMF3またはWAVにて、e-malの添付またはCDの郵送でお届けいたします