045-264-9213
<営業時間>9:00〜18:00(土日祝休)

ウクライナ語 通訳サービス

プロのウクライナ語通訳者を全国に手配します。

ウクライナ語の通訳者を日本全国、また国外にも手配いたします。通訳の言語の組み合わせはウクライナ語←→日本語、場合によりウクライナ語←→英語等の組み合わせも対応。通訳の形態は、同時通訳・逐次通訳・ウィスパリング通訳など様々な通訳に対応しています。通訳翻訳舎には複数のウクライナ語通訳者が在籍、国際会議・観光アテンド・企業研修などの案件に合わせて適任の通訳者をご提案。

ウクライナ語通訳の対応分野

金融

IR インタビュー、取締役会、ワークショップ、銀行のALMに関する会議、保険会社の経営戦略会議など各種会議、情報交換・意見交換、投資説明会 他

法律

弁護士、クライアント間のミーティング、ライセンス交渉、刑事司法研修 他

医療

患者さんへの説明 、会議、医療ツアーアテンド 他

IT ・情報通信

技術に関する会議、通信関係店舗改善の調査、インフラマネジメント会議、モバイル市場に関するプレゼンテーション、通信会社関係の店舗視察 他

メーカー

取締役会や経営会議など各種会議、人事面接、ブランドの海外展開に向けてのプランニング、 自動車装備に関する打ち合わせ、市場動向調査、工場視察 他

広報・マーケティング

CMのプレゼンテーション、メディアプランニングについての会議、マーケットリサーチにかかる打ち合わせと実査時の通訳、 TVCM 試写・編集会議、商品の市場レビューや商品のターゲット分析等に関する会議、国内・外国メディアへのインタビュー、 PV 撮影、各国元首・要人スピーチ 他

注)案件の内容や納期、通訳者の個別条件や空き状況により対応できない場合もあります。

ウクライナ語通訳の種類

逐次通訳

話者の話を数センテンス(数10秒~数分ごと)に区切り、内容を順次訳していく方式です。最もよく利用される通訳となります。(4時間拘束で内容に応じて、1名あたり40,000円前後が目安です)

【逐次通訳に向いている内容】

  • 商談、工場視察、少人数のインタビューなどでのコミュニケーションに多く用いられます。
  • 時間的な余裕があり、内容を確実に確認しながら進めたい会議などに向いています。

【ご注意いただきたいこと】

  • 4時間までの拘束では1名。それ以上の場合2~3名が必要になる場合があります
  • 事前に関連資料をいただく必要が出てくる場合がございます。業務ご依頼の流れについてはこちら

【メリット】

  • 最も一般的な通訳形態で、対応分野、言語に幅広く対応できます。実績と対応言語はこちら
  • 同時通訳に比べ、対応人数を抑えることができるため、コストも抑制できます。

【デメリット】

  • 話者と通訳者は交互に話します。従って、全体では話者が話す時間の2倍の時間がかかります

同時通訳

一般的に、同時通訳者は専用ブースを使用し、ヘッドフォンを使用して通訳対象者の声を聞きながら通訳を行います聞き手はレシーバーを使用し、話者が話すのとほぼ同時に通訳を聞きます。(料金は日本国内・4時間拘束で、1名あたり70,000円前後、最低2名体制が目安です)

【同時通訳に向いている内容】

  • 国際会議、大規模な会議や研修、講演会やシンポジウム等となります。

【ご注意いただきたいこと】

  • 同時通訳は、話者の声を聞きながら通訳を行います。そのため、極めて高い集中力を要し、負荷の大きな業務です。
  • 負荷の高さから、通訳者は2名以上が組んで業務を行い、15分~20分おきに交代しながら同時通訳を実施します。そのため半日でも2名体制、全日の場合は3~4名体制となります。業務ご依頼の流れについてはこちらまで。
  • 同時通訳実施に当たっては、事前に関係資料が必要になります。

【メリット】

  • 話者の発言とほぼ同時に通訳が行われますので、国際会議等で時間圧縮を図れます。
  • 通訳者がブース内で集中して作業にかかるので、通訳の精度は高くなります。
  • 通訳者の声はレシーバーを通して必要な聞き手にだけ届きますので、通訳が不要な方にも邪魔になりません。
  •  

【デメリット】

  • 一般的に、設備、機器等が必要となります。
  • 2~4名での対応となるため、コストがかかります。

ウィスパリング通訳

本質的に同時通訳と同じ方式で、話者が話すのとほぼ同時に通訳します通訳を必要とするのが少人数の場合の通訳形態です。通訳者は通訳を必要とする方の傍につき、聞き手にささやく程度の声で通訳を行います。(料金は日本国内・4時間拘束で、1名あたり70,000円前後、最低2名体制が目安です)

【ウィスパリング通訳に向いている内容】

  • 会議や講演で、参加者のうち1~2名のみが通訳を必要とする場合 少人数で行う会議や商談などにも向いた通訳形態です。実績と対応言語はこちらまで

【ご注意いただきたいこと】

  • 通訳にかかる時間が1時間内外であれば対応は1名で可能です。料金についてはこちらまで
  • 半日の場合は原則として2名、全日の場合は原則として3~4名体制でのご用意となります
  • 事前に資料をいただく必要が出てくる場合がございます。業務ご依頼の流れについてはこちら。

【メリット】

  • 通訳は話者が話すのと同時に行いますので、会議等で流れを阻害しません。
  • 同時通訳のように機材、ブース等を必要としません。

【デメリット】

  • 話者の声と通訳者自身の声が重なる、同じ空間内の他人の咳やくしゃみ、書類をめくる音などさまざまな雑音が影響し、通訳者にとって最もやりにくい環境での作業となるため、通訳の精度が落ちてしまいがちです。

オンサイト(出張)翻訳

海外でのイベントや研修などで現地に通訳を派遣いたします。

電話翻訳

電話通訳につきましては、一般通訳業務と区別して、以下の通りご案内しております。

  • 基本料金:5,000円
  • 作業料金:10分あたり 5,000円
  • 電話料金は別途実費を申し受けます。Skypeのご利用を推奨致します。

ウクライナ語通訳の料金

通訳料金の計算は1時間あたりではなく、半日(拘束4時間)もしくは全日(拘束8時間)単位で設定されております。例えば、通訳者を10:00~12:00の2時間拘束し、仮にその内通訳の実稼働時間が1時間の場合でも料金プランは「半日」となります。

  • 下記のご案内はあくまでも目安です。具体的な案件内容によって料金は前後致しますので、お気軽にお問い合わせください。
通訳料金表
半日プラン

拘束4時間以内(実働時間とは別)
拘束4時間を超えた場合は、1時間までごとに超過料金(4時間の料金÷4にて算出(税別))を申し受けます。
半日業務が延長し、延長料金が加算された金額が事前に取り決めていた1日の単価を超過する場合は、8時間迄は半日+延長4時間ではなく全日拘束扱いとさせていただきます。

全日プラン

拘束8時間以内(原則として実動7時間)
8時間を超えた場合は、1時間迄毎に超過料金(8時間の料金÷8×1.25にて算出(税別))を申し受けます。

移動拘束費

移動拘束費は通訳時間以外の往復の移動時間に応じて発生する料金のことです。
移動時間が長いほど移動拘束費が加算されます。

<移動拘束費/片道>
移動にかかる拘束が…

  • 4時間以下の場合:半日の通訳料×50%
  • 8時間以下の場合:全日の通訳料×70%
  • 8時間以上の場合:全日の通訳料×80%~

交通費

通訳者の移動にかかる交通費は実費を申し受けます。

深夜料金

業務が午後10時~午前5時までにかかる場合、1時間あたり通常料金の50%増分を申し受けます。

キャンセルポリシー

正式なご発注後のお取り消しにつきましては以下のキャンセル料金を申し受けます。

  • 業務当日より起算して10営業日前まで        ・・・ 10%
  • 業務当日より起算して9営業日前~5営業日前まで・・・ 30%
  • 業務当日より起算して4営業日前~2営業日前まで・・・ 50%
  • 業務当日の1営業日前~当日                             ・・・・・・100%
    ※海外案件、長期案件等、条件・状況により、上記に関わらず別途キャンセル料金を申し受ける場合があります。

ウクライナ語通訳に関するよくあるご質問(FAQ)

Q

ウクライナ語通訳の見積もりの依頼はどのようにすれば良いですか?

A

当ホームページのお問い合わせ・見積もり依頼からご連絡いただくか、メール(info@2yak.jp 宛)またはお電話(045-264-9213 まで)でご連絡ください。

Q

どの種類の通訳を依頼すればいいかわかりません。

A

お問い合わせの際に、できるだけ詳細にご依頼案件の内容をお知らせください。こちらで適切な通訳の種類をご提案いたします。

Q

お問い合わせの際に用意しておいたた方が良い情報はありますか?

A

事前に以下の情報を用意していただくとスムーズにお見積りを進められます。

  • 通訳の言語
  • 通訳の対象人数
  • 通訳の種類(逐次通訳・同時通訳など)
  • イベントの種類(会議・研修・観光・結婚式など)
  • 分野( 金融・医療・車業界など)
  • 通訳が必要な日程
Q

海外での通訳の手配はできますか?

A

世界各地での通訳者のネットワークがあります。まずはご相談ください。

Q

通訳依頼の際に事前資料を渡す必要はありますか?

A

通訳の種類や内容によっては事前資料が必要な場合があります。お問い合わせに際にご相談ください。

ウクライナ語通訳に関するお問合わせ

ウクライナ語通訳に関するご質問、見積り依頼(無料)などお気軽にお問い合わせください。

▶︎ お問い合わせはコチラ

個人情報保護方針

個人情報の定義

「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの、及び他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものをいいます。

個人情報の収集

お問い合わせをされた際にお客様の個人情報を収集することがございます。収集するにあたっては利用目的を明記の上、適法かつ公正な手段によります。通訳翻訳舎で収集する個人情報は以下の通りです。

  1. お名前、フリガナ
  2. ご住所
  3. 電話番号
  4. メールアドレス

個人情報の利用

通訳翻訳舎が取得した個人情報は、取得の際に示した利用目的もしくは、それと合理的な関連性のある範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。

下記の場合を除いてはお客様の断りなく第三者に個人情報を開示・提供することは致しません。

  1. 法令に基づく場合、及び国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める
    事務を遂行することに対して協力する必要がある場合
  2. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要があり、本人の同意を得ることが困難である場合
  3. 当社の外注先パートナー会社で個人データを交換する場合

個人情報の管理

お客様よりお預かりした個人情報の安全管理は、合理的、組織的、物理的、人的、技術的施策を講じるとともに、関連法令に準じた適切な取扱いを行うことで個人データへの不正な侵入、個人情報の紛失、改ざん、漏えい等の危険防止に努めます。

お問い合わせ先

株式会社通訳翻訳舎
〒231-0012 神奈川県横浜市中区相生町3丁目61 泰生ビル2F さくらWORKS<関内>
EL:045-264-9213
MOBILE:080-6628-2890
MAIL:info@2yak.jp

変更について

収集する個人情報の変更、利用目的の変更、またはその他プライバシーポリシーの変更を行う際は、当ページへの変更をもって公表とさせていただきます。

閉じる

ご利用規約

通訳翻訳舎の提供する本ホームページのご利用、また通訳翻訳舎の提供する諸サービスのご利用に当たっては、ご利用者の皆様は以下の点に関してご了解ください。

 

  1. ご利用者は、本ホームページを閲覧およびご利用された時点で本ホームページに関する諸規定を了承し、本ホームページに関する規定・規約に拘束されるものとします。なお本規定・規約は事前通知なく改訂される場合があります。
  2. ご利用者は、本ホームページの利用にあたって一切の責任を負い、通訳翻訳舎に損害乃至迷惑を与えないものとします。本ホームページの利用にあたり、ご利用者が通訳翻訳舎または第三者に対して損害乃至迷惑を与えた場合、また紛争を生じた場合には、当該ご利用者は自己の責任で一切の問題を解決し、通訳翻訳舎はその責を負わないものとします。
  3. 本ホームページの情報に関し、通訳翻訳舎はその信頼性及び安全性について一切を保証致しません。ご利用者が本サイトおよびそれに帰する情報の利用で損害を被った場合についても責任を負いません。
  4. 通訳翻訳舎は、事前予告なしに本サイト上の情報の変更、削除、運用の停止乃至中止をする場合があります。またそれらによる障害について責任を負いません。
  5. 当ホームページおよびその他通訳翻訳舎のご案内表での単価のご案内は税別表示とさせていただいております。実際の見積り、請求時には消費税額を含めた総額表示にてご案内致します。価格については常時変動があり得ますのでご了承ください。
  6. ご依頼については、双方が取引について契約締結意思を確認した時点で成立するものとします。これについては必ずしも契約書を必要とせず、本ホームページ中のご依頼フォーム・メール・電話・FAXなどでご依頼(ご発注)・受注の意思表示を交換した時点で成立となります。なおご依頼が確定した段階で、ご利用者は、本ホームページの規定・規約につき了承したものと致します。
  7. 通訳翻訳舎の通訳、翻訳、その他関連サービスにつき、万が一通訳翻訳舎が提供したサービスが原因でご利用者の方に損害が発生した場合には、損害について補償致します。ただし、補償金額は、ご発注金額を上限とし、通訳翻訳舎はそれ以上の責任を一切負わないものとします。
  8. 通訳翻訳および関連業務の品質は金額、作業にかける時間と比例します。同じ通訳翻訳者が同じ案件を担当したとして、料金1万円で対応した場合と2万円で対応した場合では、前者の場合の納品物の品質が落ちることは避けられません。納期についても同様で、納期1日の場合と2日の場合では、やはり前者の場合の納品物の品質が落ちることは避けられません。通訳翻訳は単に言葉を移しかえるだけでなく、事前調査、確認作業など、複数の作業、段階を経て完成に至る、緻密な継続性が欠かせない作業です。
    納期、金額と品質の関連性につきましては、上記の通りご理解、ご了承の上、お申し込みいただくものとさせていただきます。
  9. 本ホームページ上に表示される商標、ロゴ、サービスマークは通訳翻訳舎及び他社の登録商標または未登録商標です。本ホームページの内容に関する著作権は、弊社が許可を得て利用している他社の登録商標または未登録商標を除き、原則として弊社に帰属します。事前に弊社の承認無き複製、改変、及び第三者への領布、販売、公表などの行為を禁止致します。
  10. 本利用規約の解釈、適用については日本法を準拠法とします。

 

閉じる